ホーム

頭頂部の細毛対策にはAGA治療をしよう

読了までの目安時間:約 3分

頭頂部の細毛解消の原因は男性型脱毛症である事はご理解出来た事でしょう。

となれば当然、男性型脱毛症の治療法を施す必要があるので、医者へ行ってプロペシアと言う処方薬を処方してもらう方法しかありません。

プロペシアは、男性ホルモンの分泌で出来るテストステロンと言う物質と、5aリダクターゼと言う還元酵素と結合する事で変換して出来てしまうジヒドロテストステロンと言う物質がハゲの要因となるのですが、その初期段階の男性ホルモンの抑制に効果を発揮します。

プロペシアで無ければ、フィナステリドと言う薬品も効果を見せます。こちらは男性ホルモンでは無く、5aリダクターゼを阻害する薬品です。

但し、現時点では臨床の多さから考えてもプロペシアの方に軍配が上がります。

一部、報道やネットではプロペシアの危険性が謳われていますが、確かに効果がある強い薬ですので、服用して体内に取り込めば、副作用が出ないと言う事はありません。

これまでに報告されている副作用の事例では、めまい、吐き気、嘔吐、立ち眩み、吹き出物、出来モノ、身体付きの女性化、男性機能低下、精巣異常、勃起不全などが確認されています。

また、使用制限もあり、男性型脱毛症以外の方はご使用出来ませんし、女性や妊婦の方、未成年や小さい子供さん、心臓に疾患等がある方など多岐に亘って使用出来ない人がいます。

医師に処方してもらう事が一番ですが、保険が医薬品ですので、継続して使用するには相当な費用の負担を覚悟する必要があります。

そこで、最近ではネットなどを通じて個人輸入代理店からジェネリック剤を購入する方が多いようです。

この場合、大きい値幅で言うと半額程度になるものもあります。

ただ、先程から申し上げている様に、重大な副作用の恐れが、確率は低くても確実に存在しますので、本来は専門家の指導の下に使用すべき薬です。

自身で購入する場合は、製造元も、輸入代理店も薬の内容についてまでは責任は持ってくれません。

完全に自己責任でキチンと管理し、少しでも異常を感じたなら即服用を中止する決断が必要になります。

ある程度、もったいないからと我慢して使用し続けると、医者へ行っても簡単な対応ではなりりにくくなり、余計に費用がかさむ可能性も充分考えられますので、それについてはシッカリ認識と責任を持って購入する様にしましょう。

当然の事ながら、管理はシッカリとし、服用してはならない人の手に届くところには置かない、劣化しない様な場所で保管するなど厳重な保管をしましょう。

 

頭頂部の髪の毛が細い!何故?!

読了までの目安時間:約 3分

抜毛や薄毛には未だ至らないまでも、 何か髪の毛が細くなってきたと実感してきた人は少なくないことと思います。

特に頭頂部周辺が極めて細くなっていると感じると危険信号です。

その後放置しておくとやがて頭頂部の本格的な薄毛抜毛に変化していきます。

細くなってきたなと言う時点で対応すると、完全に薄毛抜毛になってから対応するよりは数段改善がし易くなります。

毛髪が細くなると、当然の事ながら髪の毛は弱くなっており、切れ毛、更には毛穴に比べ細い為に抜け易い状態になります。

毛髪が細くなるイコールハゲへの道しるべと言えるのです。

何故こういう事態になるのかと言いますと、おおよその原因はAGAと呼ばれる男性型脱毛症が発症し始めているせいです。

もう1つの理由としては、ヘアケアの不足で頭皮の状態や、頭髪の状態が悪くなっている為に引き起こされているのです。

しかし、男性型脱毛症であった場合も、薬による治療と並行してヘアケアは欠かせません。

細毛や抜毛の解消にはヘアケアは絶対に欠かせない事なのです。

男性型脱毛症とは、ほとんどの場合男性にしか現れない症状です。

これは、何かをしたからなると言った後天的なものではなく、むしろ先天的なものである種病気と言っても良いものです。

薬以外の方法でこれを自然治癒する事は困難です。と言うより不可能です。

男性型脱毛症は、男性ホルモンの過多、男性ホルモンの分泌異常などから、そのホルモンと5aリダクターゼと言う還元酵素が結合する事で、ジヒドロテストステロンと言う抜毛に作用するホルモンに変化するのです。

これが発毛サイクルを阻害し、抜毛を増やし最終的にはハゲに至るのです。

これらを、自然療法で何とかしていくと言う事は、体内のホルモンなどで引き起こされる為、全く以て不可能なのです。

免疫力の問題などでもありません。

それでは、自然治癒が出来ないとしたならどうしたら良いのでしょう?

育毛剤を使用すれば良いのでしょうか?

しかし、現在一般的な良いと言われている育毛剤でさえ、男性型脱毛症の解決には至りません。

要は効果を発揮しないと言う事です。

育毛剤のほとんどは頭皮状態を整える事を主体とし、受動的に髪の毛が生えるのを待つと言うもので、能動的にホルモンの分泌を抑制する働きはないのが現状です。

よって、この男性型脱毛症に由来するであろう、頭頂部の細毛、抜毛、薄毛には薬を服用する他ないのです。

次回からは、その男性型脱毛症に効果を発揮すると現在認められている薬品について詳しくご説明していきます。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報